【本当にお得?】レンタルドレスのメリットとデメリット

女性が結婚式や二次会の招待を受けた時、まず考えるのはお呼ばれドレスのことではないでしょうか?

ミキです
手持ちのドレスもマンネリ化してきたし、そろそろお呼ばれドレスを新調したい!

そんな時、“百貨店やアパレルショップで購入する”“コスパ重視の激安通販で購入する”など、いくつかの選択肢が思い浮かびますよね。

最近では、お呼ばれドレスは“レンタルドレスを利用する”という女性も増えているようです

さまざまな選択肢がある中で、お呼ばれドレスをどこで選ぶべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レンタルドレスのメリットとデメリットについてまとめてみました

レンタルドレスを利用するメリット

購入するよりもリーズナブルに質の良いドレスを着られる

ネット通販などの格安店では、数千円~ドレスを購入することもできますが、百貨店ブランドなどのドレスと比べると、どうしても生地やデザインの質は落ちてしまうのが現実。

あまりにも安価なドレスを選ぶと、ドレスアップした大勢の女性の中で見劣りしてしまう危険性も。特に、ある程度大人の女性であれば、なおさらドレスの質にもこだわりたいですよね。

でも質の良いドレスとなると、やはりお値段もそれなりに高額に。例えば、百貨店ブランドのドレスの相場は3万円~5万程です。

レンタル期間にもよりますが、レンタルドレスの相場は5千円~6千円程

百貨店ブランドや国内ブランドを中心に扱うレンタルドレスショップもあるようなので“ドレスの質にはこだわりたいけど、あまりお金はかけたくない”という方にぴったりですね!

毎回違うドレスを選べる

会社関係や同級生など、同じグループ内でのお呼ばれが続くと、さすがに毎回同じドレスで出席というわけにもいきませんよね。

でも、その都度新しいドレスを購入するのは大変……。お呼ばれ続きとなると、お祝儀代や交通費など、ただでさえ出費が多くなるので、抑えられる費用はできるだけ抑えたいのが本音。

レンタルドレスなら、お呼ばれの度に違うドレスを着て出席することができます。

その都度ドレスを選ぶことができるので、妊娠中や中高生など、体形の変化が大きい時期にも便利!

毎回最新のトレンドドレスが着たい!というおしゃれさんにもおすすめですね♪

羽織物やバッグなど、小物も一緒にレンタルできる

お呼ばれドレスを選ぶ際に、意外と頭を悩ませるのが小物とのコーディネート。

ボレロやショールなどの羽織物、バッグに靴にアクセサリー……、ドレスアップに必要なアイテムは意外とたくさんあるものです。

ドレスのデザインやカラーに合わせて、小物まですべて買い揃えるのは大変ですよね。

羽織物やバッグなど、小物類も一緒にレンタルできるドレスレンタルショップを利用すれば、それぞれのドレスに最適なアイテムを合わせることができます

あれこれ悩まないで手軽にトータルコーディネートが完成するのも、レンタルドレスの魅力ですね。

保管やお手入れの手間がいらない

新しいライフスタイルとして“ミニマリスト”や“持たない暮らし”が注目されている今、できるだけ服や物を増やしたくない女性も多いのではないでしょうか。
出番の少ないパーティードレスなら、なおさら数を増やすのはためらってしまいますよね。

レンタルドレスなら必要な時にだけ利用できるので“クローゼットに余裕が無い”なんて時にも助かりますね。

また、パーティードレスはデリケートな素材が使われていることが多く、長く愛用するためには、適切なお手入れや管理が必要です。

面倒なお手入れや保管の手間を省けるのも、レンタルドレスの嬉しいポイントですね!

レンタルドレスを利用するデメリット

着回すなら購入するほうがお得

気に入ったデザインのドレスを何度も着回したい、長く愛用したい、という場合は購入したほうがお得です。

ただし、自前のドレスの場合は着用の度にクリーニング代(2000円~4000円程)がかかってしまいます。

コスパを重視したいなら、着用の頻度やクリーニング代などのメンテナンス費用も忘れずに考慮しましょう。

新品じゃない、ドレスの状態がわからない

レンタルドレスの場合、もちろん新品のドレスではない場合がほとんど。新品のドレスにこだわりたい、という方は購入がおすすめです。

またネットレンタルでは、届くまで実際の商品の状態がわかりません。

利用者の口コミ数が多いサイトや、商品情報が細かに記載されているなど、信頼できるお店を上手に選ぶ必要があります

延滞時や賠償金など、追加費用がかかる可能性がある

レンタルドレスの性質上、返却が遅れると1日毎にレンタル料金の延滞金が発生してしまいます。

コンビニや宅配センターへ持ち込む、指定の宅配業者に集荷依頼をかけておく、など返却方法はいろいろありますが、それでも期日に返却するのが難しい場合は利用を避けましょう。

また、万が一ドレスに大きな染みや傷を作ってしまった場合、損傷の程度に応じて1000~3000円程の賠償金が発生する可能性があります。
その他にもキャンセル料はいつから発生するかなど、それぞれのお店の規約をしっかり把握しておきましょう

【まとめ】レンタルドレスをおすすめできる人、できない人

レンタルドレスをおすすめできる人
コストを抑えて質の良いドレスが着たい
お呼ばれの度に違うドレスを着たい
妊娠中や中高生など、体形の変化がある特別な時期
物を増やしたくない
保管やお手入れの手間が面倒
レンタルドレスをおすすめできない人
気に入ったデザインのドレスを着回したい
自分でお手入れをしながら長く愛用したい
新品のドレスが着たい
期日に返却することが難しい
追加費用がかかるのは絶対に避けたい

いかがでしょうか?

メリットとデメリットをしっかり把握した上で、予算やライフスタイルに合わせてレンタルドレスを賢く利用したいですね♪

この記事の著者
ミキです
ミキ・28歳(コンサバファッション大好き女子)
結婚ラッシュでお呼ばれ続き、、
ご祝儀貧乏になりつつあるこの頃。
今まではドレスを購入してきたけど、レンタルも良いのでは?と思い始める。
そんな私がいろいろ調べたレンタルドレスに関する比較検討やレンタルの手順、注意点などを情報をまとめました!
最新情報をチェックしよう!
>結婚式や結婚式二次会にピッタリな、パーティドレス・フォーマルドレスをご紹介

結婚式や結婚式二次会にピッタリな、パーティドレス・フォーマルドレスをご紹介

結婚式のお呼ばれでは、どんなパーティドレスを着て行けばいいのか、迷ってしまいます。そんなときのために、ご年齢や、ドレスの色、サイズなど、選び方のポイントを解説します。