高身長さんに似合うお呼ばれドレス

最終更新日
高身長さんに似合うお呼ばれドレス

「大切なあの子の結婚式にお呼ばれされた!」
素敵な新郎新婦を祝福するパーティーには、お呼ばれドレスが必須です。
フォーマルなドレスに身を包み、心を込めてお祝いしたいところ。

しかし、マナーも関わるお呼ばれドレス選びは、難しいもの。
ゲストとして失礼のないよう、ドレスは慎重に選びたいですね。

ここで悩んでしまうのが、高身長の女性。

  • 試着してみると、どれも丈が…
  • 背が高く目立ってしまうから、似合うドレスを探すのが大変

色々なお店で試着をしてみても、イマイチ良いドレスが見つからない。

そのように、頭を悩ませている長身女性のために、結婚式に招待された際に気を付けたい服装マナーと、長身さんだからこそ美しく決まる、ドレス選びのコツを紹介します。

自分に似合うお呼ばれドレスを見つけて、結婚式に華を添えましょう。

1.長身さんが気を付けたい服装マナー

パーティードレスを着て人差し指を立てる女性

結婚式に出席するにあたって、服装にはいくつかのマナーがあります。
最近では、昔ほどマナーを気にしなくても良いと言われるものの、大切な婚姻の儀式には、最適な服装でのぞみたいところ。

基本のマナーは、以下の通りです。

  • 露出は控える
  • 毛皮やファーはNG
  • 白黒ワントーンの服装は避ける など

それに加えて、背の高い女性が特に気を付けたいマナーが3つあります。

▪️スカートの丈感

「背が高いと、どうしても丈が短くなりがち」長身さんがつまずきやすい問題です。
フォーマルな場での短すぎるスカート丈はNGとされています。

スカートはヒザ下もしくはヒザ丈が、品もあり華やかな印象になる理想的な丈感です。

ヒザ丈がベストですが、多少であれば短くても問題ありません。
ヒザ上10㎝以上でなければ、許容範囲でしょう。

▪️パンプスは3~5㎝ヒールを

華やかな結婚式では、ヒールのあるパンプスがベスト。
「背が高く見えて目立っちゃう」と、避けたい気持ちになりますが、フォーマルな装いには3~5㎝のパンプスを選びましょう。
ぺたんこ靴はカジュアルな印象になってしまうため、ケガや妊娠等の理由がある時以外は避けるようにします。

▪️似合うからと、他民族の衣装はダメ!

長身さんが似合うドレスといえば、チャイナドレスやアオザイなどのスラッと伸びる民族衣装。
丈感も問題なく似合うから…、と民族衣装で出席する人もいますが、これは結婚式の服装としては不適です。
新郎新婦や、あなたがその国の出身であれば問題ありませんが、縁がない民族衣装で結婚式に出席するのは避けましょう。
周囲の招待客からは、違和感のある服装となり悪目立ちしてしまいます。

長身さんは以上の3つに注意して、お呼ばれコーデを完成させましょう。

2.お呼ばれドレス選びで注目するのは、デザイン&丈感

親族、友人が集まり、新郎新婦と写真を撮る機会も多い結婚式。
マナーも大事だけど、せっかくなら自分に似合うドレスを着たいですよね。ここでは、ドレス選びに悩でいる長身さんが、似合うドレスを選ぶコツをご紹介します。

▪️不規則な裾デザイン

縦ラインを美しく見せる、アシンメトリーやイレギュラーヘムといった不規則な裾のデザインでは、すっと背が高いからこそ、裾のデザインが引き立ちます。
不規則デザインが程よくボリュームを出してくれるので、脚が綺麗に見えるのもメリットの1つ。

ゆらゆらと女性らしく揺れるスカートは、上品な華やかさがパーティーにぴったりです。
動くたびに揺れるデザインは、丈がやや短くても目立たないという特徴もあります。
どうしても丈が短くなりがちな長身さんは、揺れが綺麗なデザインを取り入れてみましょう。

▪️切り替え位置が高めのドレス

アンダーバストで切り替えになっているドレスも、長身さんにオススメです。
モデルさんのように長い脚は、長身さんの特権。
切り替え位置が高いドレスは脚を長く見せてくれるので、よりスタイル良く見えます。
身長を活かした華やかなスタイルを取り入れてみてはいかがでしょうか。
スカートにプリーツの入ったデザインを選ぶと、①の不規則デザインと同様に丈感を気にすることなく着ることができます。
また、切り替え位置が高いドレスは、やや長め丈のがポイントです。

▪️ミモレ丈ドレス

上品なのに、バランスが悪くなりがちなミモレ丈ドレス。
この丈が綺麗に似合うのは、長身さんならではです。

ミモレ丈ドレスはしっかりとヒザの隠れたドレスなので、大人っぽく落ち着いた印象を与えます。
「ヒザが見えてしまう」という問題も解決できる一石二鳥なおすすめドレスです。

30代以上の方はもちろん、可愛いよりも綺麗を目指したい20代女性にもおすすめです。

3.長身さんがぴったりのドレスを用意する秘訣は…?

似合うドレスを選ぶコツは分かっても、実際に見つけ出すのは一苦労。
特に長身さんは、実際に試着した時の丈感で頭を抱えてしまうことが多いはず。

そこで活用したいのが、レンタルドレス。

お店よりも豊富な種類のドレスが用意されており、似合うドレスを見つけることができます。

レンタルドレスショップでは、サイズが細かく記載されているため長身女性でも自分に合ったドレスを選びやすいのが特徴です。
実際に着た姿をイメージできるくらい、細かな説明があるレンタルドレスショップショップを選びましょう。

レンタルドレスのワンピの魔法では、サポートもばっちり。
それぞれの身長の人が着た着丈や、実際に利用したお客様のレビュー、経験豊富なスタッフのコメントが充実しています。

たくさんのお呼ばれドレスから、是非ぴったりのものを見つけてください!

4.長身さんのお呼ばれドレス選びは、デザインと丈感に注目


  • 気を付けたいマナー「着丈」「パンプスのヒール」「民族衣装は避ける」
  • 不規則な裾のデザインは、短めの丈でも目立たない
  • 切り替え位置の高いドレスは、長身さんに似合う
  • ミモレ丈ならお上品な大人スタイルになれる
  • 丈感が難しい長身さんは、種類豊富なレンタルドレスがお勧め

スッと背の高い高身長さんは、ドレスをかっこよく着こなすことができる点が魅力でもあります。
マナーを意識しつつも、自分に合ったおしゃれなドレスを見つけ、2人の門出をお祝いしましょう。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。