レストランウェディングにお呼ばれされた時のゲストの服装とマナー

  • 2019年2月15日
  • 2019年4月26日
  • マナー
  • 463view

レストランウェディングは新郎新婦やゲスト同士の距離も近く、和やかな雰囲気の中で美味しいお料理を楽しむことができます。
一般的な挙式披露宴とレストランウェディングでは、マナーやドレスコードも違うことがあるので初めてレストランウェディングに招待されたゲストの方は戸惑うことも多いと思います。

今回はレストランウェディングに招待された時に気をつけたい点や、レストランのタイプ別におすすめコーディネートやマナーなどをご紹介します。
レストランウェディングの疑問やお悩みをスッキリ解消して、思いっきりウェディングパーティを楽しみましょう!

1、レストランウェディングに招待された時に気をつけたいこと

レストランウェディングと一言で言っても、ミシュラン星付きの高級レストランからアットホームなカジュアルレストランまで、様々なタイプのレストランウェディングがあります。
それぞれの会場のタイプで大きく雰囲気が異なるので、会場となるレストランがどのようなタイプなのかを知ることが、マナーやドレス選びの第一歩になります。

2、レストランで祝う結婚式でのマナーやドレスコードは?

レストランウェディングの場合、招待状によっては「平服でお越しください」や「カジュアルな服で」と添えられていることがあります。
これは”普段着で”という意味ではないので注意が必要です。
では、どのようなスタイルが良いのでしょう?

女性の場合は会場にもよりますが略礼装のワンピースやドレスを選べば良いでしょう。
昼のパーティならキレイめワンピースにボレロやストールを合わせたもの、夜のパーティなら華やかなドレスのコーディネートもおすすめです。
会場の雰囲気に合ったドレスやワンピースでコーディネートを楽しんでくださいね。

注意したいのが、白いドレスや生花を使ったコーディネート。
これは主役の花嫁のコーディネイトなので、ゲストが用いるのはNGです。
またカジュアルなレストランであっても、サンダルやミュールの着用は避け、ヒールが3cm以上のパンプスを合わせましょう。

3、レストランの会場タイプ別おすすめドレススタイル

①高級レストランや有名なレストラン
格式の高い会場で行われるパーティでは、通常の結婚式と同じようにフォーマルを意識した品の良い華やかな装いが望ましいでしょう。
ボレロやストールを着用し、できるだけ肌の露出を少なくしましょう。

②料亭
落ち着いた雰囲気に合うようなシックで上品な装いがおすすめです。
着物ももちろんおすすめですが、和の空間にマッチするような清楚なワンピースやシックなドレスアレンジなど晴れやかなお祝いの場にふさわしいキチンと感のあるコーディネートも素敵です。
ドレスカラーはネイビーや黒が人気で、
カラードレスを着るなら濃い緑が会場の雰囲気にもマッチします。
また料亭でも肌の露出が多すぎるものは控えたほうが良いでしょう。

③カジュアルなレストラン
流行色やデザインを取り入れたドレスやキレイ目のワンピースがおすすめです。
アクセサリーやバッグで流行りのスタイルを取り入れたコーディネートで華やかさを演出しても良いですね。
立食パーティの場合は疲れにくい靴を選ぶのもポイントです。
羽織はボレロでも構いませんが、ストールを選ぶとパーティー感がUPします。

④ガーデンのあるレストラン
パーティの行われる季節を意識したカラーコーディネートや明るいお庭に映えるようなキレイめの色味のワンピースがおすすめです。
おすすめはピンクやイエロー、グリーンなど淡い色のドレスで、柄のあるドレスも屋外のお式に映えます。
室内とガーデンの気温差を調節できるボレロやショールがあると良いでしょう。

4、[まとめ]レストランウェディングのコーディネートはこれで大丈夫!

レストランウェディングでは、まずは会場になるレストランの雰囲気を知ることが大切です。
高級感のあるレストランなのか、カジュアルなレストランなのかでマナーも装いも変わってきます。
また招かれているゲストの顔ぶれや年齢層も参考にしながら、ドレスやアクセサリーを選んでみるのも良いでしょう。
主役である花嫁花婿さんを盛り立てながら、会場とマッチした素敵なコーディネートを楽しみましょう!是非おすすめのドレスやワンピースを参考にしてみてください。
美味しいお料理や、和やかな雰囲気の結婚披露宴を楽しんでくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>結婚式や結婚式二次会にピッタリな、パーティドレス・フォーマルドレスをご紹介

結婚式や結婚式二次会にピッタリな、パーティドレス・フォーマルドレスをご紹介

結婚式のお呼ばれでは、どんなパーティドレスを着て行けばいいのか、迷ってしまいます。そんなときのために、ご年齢や、ドレスの色、サイズなど、選び方のポイントを解説します。