上品に着こなす「60代ミセスにお勧めのフォーマルドレス」

最終更新日
上品に着こなす「60代ミセスにお勧めのフォーマルドレス」

60代ミセスのフォーマルドレスは、30代~40代のとき以上に「上品さ」と「年齢に合わせた服装マナー」が求められます。
ここでは、60代ミセスが結婚式にお呼ばれされたときのお勧めフォーマルドレスと、失敗しないドレスの選び方を解説します。

1.上品さを際立たせる「刺繍入り黒ドレス」

「60代だから、若い子向けの華やかなドレスはちょっと…」
「親族の結婚式だから、マナーに沿ったフォーマルワンピースが着たい」

60代ミセスは久しぶりのドレスを「楽しむ」というより、「失礼がないようにしたい」という気持ちが強くなりがち。
その思いは、大人の女性だからこその素敵な配慮です。

そんなマナーを大切に思う60代ミセスには「黒ドレス」がお勧め。
ワンピの魔法でも、定番の「黒ドレス」は60代ミセスに人気です。
ただ、あまりにシンプルな黒ドレスは、華やかな結婚式では「ちょっと地味すぎたかしら…」と、心配になってしまうことも…。

そこでお勧めなのが、上品な刺繍入りのデザイン。
ミセスならではのエレガントさがあり、マナーとしても問題なく着こなせるデザインで人気のドレスです。

黒のレースに立体的な花柄の装飾が特徴の黒のドレス。シンプルな形のドレスだが、花柄の装飾部分にシルバーの糸を織り交ぜてあり、エレガントな印象に。 黒のレースに立体的な花柄の装飾が特徴の黒のドレス。シンプルな形のドレスだが、花柄の装飾部分にシルバーの糸を織り交ぜてあり、エレガントな印象に。
黒のレースに立体的な花柄の装飾が特徴の黒のドレス。
シンプルな形のドレスですが、花柄の装飾部分にシルバーの糸を織り交ぜてあり、エレガントな印象に。
AラインNスカートに広がる刺繍がより華やかなフォーマルドレス。背中の露出・助感が少ないのも60代ミセスには安心のデザイン。 AラインNスカートに広がる刺繍がより華やかなフォーマルドレス。背中の露出・助感が少ないのも60代ミセスには安心のデザイン。
AラインNスカートに広がる刺繍が華やかなフォーマルドレス。
背中の露出・透け感が少ないのも60代ミセスには安心のデザインです。

コラム【黒以外でも「刺繍入りドレス」はミセスにお勧め】

一番人気は黒のドレスですが、それ以外の色でも刺繍のデザインは60代女性に人気です。
手間をかけて縫いこまれた刺繍は、安っぽさがなく、品の良いものを身に着けたいミセスにぴったりのドレス。
深いグリーンやベージュといった柔らかい色味も、刺繍入りデザインは高級感があり、上品に着ていただくことができます。

ワンピの魔法は、百貨店などで扱っているブランドドレスを綺麗な状態で貸し出しているので、品質に厳しいミセスでも安心です。

黒以外でも「刺繍入りドレス」は人気 黒以外でも「刺繍入りドレス」は人気 黒以外でも「刺繍入りドレス」は人気

2.女性の味方!「ゆったりシルエット」の体型カバードレス

「お腹がぽっこりしているから隠したい」
「メリハリがなくなった体のラインを綺麗に見せたい」

体型の悩みが多い60代ミセスには、それらをカバーできるワンピースが人気です。

お袖が付いていて、全体的に「ゆったりしたシルエット」のドレスは、気になる部分をカバーしながら体のラインをすっきりと見せてくれる!
長時間の結婚式でも着崩れることなく、楽に過ごすことができるお勧めのドレスです。

ゆったりシルエットのドレスは、赤紫や水色など、フォーマル感のあるしっとりとしたカラーが人気。

透け感のある長袖が貴婦人の様なドレスは50代以上の方におすすめ。ふんわりとしたドレープが体のラインを隠し、縦のラインですっきりと見える。 透け感のある長袖が貴婦人の様なドレスは50代以上の方におすすめ。ふんわりとしたドレープが体のラインを隠し、縦のラインですっきりと見える。
透け感のある長袖が貴婦人の様なドレスは50代以上の方におすすめ。
ふんわりとしたドレープが体のラインを隠し、縦のラインですっきりと見える。
シンプルな形、締め付け感のないゆったりとしたシルエットは50代以上向け。ぽっこりお腹やぽっちゃり二の腕をカバーしてくれる。 シンプルな形、締め付け感のないゆったりとしたシルエットは50代以上向け。ぽっこりお腹やぽっちゃり二の腕をカバーしてくれる。
シンプルな形、締め付け感のないゆったりとしたシルエットは50代以上向け。
ぽっこりお腹やぽっちゃり二の腕をカバーしてくれる。
女性らしい色合いと、ゆったりしたケープのデザインは「上品なレディ」の雰囲気に。ノースリーブワンピースの上にケープを羽織るので、防寒対策にも。ぽっこりお腹や二の腕をカバー。 女性らしい色合いと、ゆったりしたケープのデザインは「上品なレディ」の雰囲気に。ノースリーブワンピースの上にケープを羽織るので、防寒対策にも。ぽっこりお腹や二の腕をカバー。
女性らしい色合いと、ゆったりしたケープのデザインは「上品なレディ」の雰囲気に。
ノースリーブワンピースの上にケープを羽織るので、防寒対策にも。
ぽっこりお腹や二の腕をカバー。

3.60代女性には女性らしいレース地ドレスがぴったり

60代ミセスにお勧めの、上品なレース地のフォーマルドレス。
「刺繍入りドレス」に比べて、少し若々しく華やかな印象になるのが特徴です。
つるんとしたなめらかな生地ではなく、凹凸のあるレース模様が60代ミセスの肌に自然になじみ、「無理をしていない若々しさ」が出るのが良い点。
華やかなフォーマルドレスを着たいミセスにお勧めです。

「女性らしい」レース地ドレス 「女性らしい」レース地ドレス 「女性らしい」レース地ドレス

コラム【やわらかな生地感がミセスには着やすい】

レース生地のドレスは、比較的薄手でやわらかく、体になじむ質感なので、着やすいのが魅力。

フォーマルドレスには他にも様々な生地がありますが、全体的に60代ミセスには、パリッと張りのある固い生地よりも、しなやかでやわらかい生地の方が人気です。
生地に張りの強いドレスは、フォーマル度は上がりますが「いかにもドレス」という雰囲気で肌になじみづらく、ドレスを着慣れていないと着こなしづらいのが難点。

一方、しなやかな生地のドレスは体のラインにふんわりと沿って、フォーマルな着こなしに慣れていない人でも着やすく、さらに60代ミセスのやわらかい肌にも綺麗になじみます。

レース生地ではありませんが、下のドレスも同じ理由で人気です。

丈が長く、背中の露出も少ないのが特徴。
他のドレスと比べると生地の“つや感”が目立ち、パーティらしい雰囲気に。
体のラインをひろいやすいので、補正下着をつけると◎。

4.60代女性のフォーマルドレスは「上品さ」、「体型カバー」、「生地」がポイント

  • マナーばっちり!定番の黒ドレスは刺繍入りで上品なものを
  • 品の良い刺繍入りドレスは、黒以外の色もお勧め
  • 体型が気になるミセスは、ゆったりシルエットでカバー
  • 女性らしいレース素材は華やかさが魅力
  • 60代ミセスは、柔らか素材が着こなしやすい

失礼のないように、上品さとマナーを大切にしたい60代女性。

フォーマルな黒ドレスは、失敗のない定番カラー。
ただし、マナーを気にするあまり、地味になりすぎないように注意しましょう。

華やかな結婚式に参加するときは、上品な刺繍入りデザインがお勧め。
刺繍入りデザインは、品良く着こなすことができる人気のドレスです。

また、体型が気になるミセスにはふんわりとしたシルエットのドレスがぴったり。
様々なドレスを扱うワンピの魔法なら、気になる部分を隠しつつ、品の良さを忘れないドレスが見つかります。

60代ミセスのドレス選びのコツは、素材にも。
体のラインにふんわりと沿い、楽ちんな着心地のやわらかい生地を選ぶと◎。
ミセスの柔らかい肌に綺麗になじむので、美しく着こなすことができます。

「上品さ」、「体型カバー」、「やわらかい生地」

この3つが、60代女性に似合うドレス選びのポイントです。

上品さ、質の良さが大切なミセスのドレス選び。

ワンピの魔法では、安っぽいドレスはご用意していません。
どのドレスも、ミセスにぴったりな質の良いものばかり。

品のあるお呼ばれドレスを、お手入れや保管のわずらわしさもなく着用していただくことができます。

エレガントなミセスにぴったりのお呼ばれドレス、ぜひお上品に着こなしてください。

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。