結婚式や二次会にピッタリな、紺(ネイビー)のパーティドレス・フォーマルドレスをご紹介 - レンタルドレスのワンピの魔法

結婚式二次会の服装の「平服」とは?【画像で分かる結婚式二次会の服装マナー】レンタルドレスのワンピの魔法

ドレスで一番人気の色、ネイビー

ネイビードレス

ドレスで一番人気の色、王道ネイビーのパーティードレス

結婚式のお呼ばれやパーティーで、清楚で上品なネイビーは最も人気が高いドレス。親族としての出席のときもネイビードレスは安心です。

人気1位は清楚系ネイビードレス

ネイビーは日本人女性の肌に似合いやすく、結婚式では1番人気のドレス。20代だけでなく、30代、40代、50代と幅広い年齢の女性が着やすい色です。

その中でも一番スタンダードなのは、ひざ丈のAラインスカートのドレス。結婚式の場にぴったりの、清楚で上品な雰囲気になります。

結婚式のご親族にふさわしいネイビー

親族として結婚式に参列する場合、特に自分の姪やおい、旦那様のご兄弟など、よりフォーマルさが求められる結婚式の場合は、上でご紹介したようなネイビーのAラインドレスが一番安心です。

結婚式服装のマナーとして、肩を露出しないこと、丈が短すぎないこと、ナチュラルストッキングを合わせること、の3つを押さえておけばよいでしょう。

◆コーデその1◆ご親族のネイビーには黒かベージュを

ドレスにどんな羽織物やバッグ、靴を合わせればよいのか、色々と考えてしまいますが、ネイビーのドレスはどんな色でも合わせやすいのがポイント。ただ特にご親族の方にはより落ち着いて見える「黒」か「ベージュ」をコーディネートするのがおすすめ。

人気2位は可愛い系ネイビードレス

続けて人気なのは、特に20代、30代によく着られている可愛い系のネイビードレス。結婚式ではとにかくネイビーを着て行く女性が多いので、会場で他の人と色がかぶってしまいがち。

その中で少し短めの丈や、ふわっと広がるプリンセススカートで「可愛さ」をプラスすると、地味にならずにパーティーらしい雰囲気になります。

◆コーデその2◆可愛い系ネイビーにはクリームベージュや白を

可愛いデザインのネイビーのドレスは、落ち着いたベージュを合わせると雰囲気が少しちぐはぐな感じに。

明るめのクリームベージュや白のボレロを合わせて、華やかなスタイルにするのが着こなしのコツです。

パールのヘッドアクセ(カチューシャ)やコサージュ、ボリュームのあるネックレスを合わせ、パーティーらしいコーディネートにするのがおすすめ。

人気3位は大人系ネイビードレス

ネイビーの色は好きだけど、Aラインスカートや可愛いデザインに抵抗がある…という女性に人気なのが、大人系ネイビードレス。広がらないスカートや、シルクの素材感でエレガンスな雰囲気に。

特に30代、40代の女性によく着られるネイビーです。

◆コーデその3◆大人系ネイビーにはシルバーや黒を

大人っぽいデザインのネイビードレスには、洗練された雰囲気になるシルバーストールがおすすめ。さらに靴やベルト、バッグを黒でまとめると、大人っぽくシックな印象に。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。