ガーデンウエディングにオススメのお呼ばれドレス

最終更新日
ガーデンウエディングにオススメのお呼ばれドレス

青い空、満点の夜空の下行う、爽やかなガーデンウエディング。
自然を存分に感じられる挙式、披露宴は、気候の良い春から初夏、秋に大人気。

そんなガーデンウエディングにお呼ばれされた!
室内のパーティーとは一味違うウエディングに、ウキウキしちゃう。

でも…。
ナチュラルなガーデンウエディングは、服装が悩みどころ。

  • ガーデンウエディングってどんな服装で参加すれば良いの?
  • 雰囲気に合うように、カジュアルな方がいいのかな…?

結婚式だからフォーマルに、と思う反面、ガーデンだからどうなの?なんて迷っちゃう。

楽しみだけど、悩んじゃうガーデンウエディング。

今回は、季節を楽しむガーデンウエディングにぴったりなお呼ばれドレスをご紹介します。
失敗を避けるために、NGスタイルやポイントも要チェック。

パーティーにぴったりなお呼ばれドレスで、新郎新婦をお祝いしちゃいましょう。

1.カジュアルスタイルはNG!きちんと感を忘れないで

自然に囲まれた、ナチュラルな印象のガーデンウエディング。
広々としたお庭のような会場での式は新郎新婦との距離も近く、ワイワイ楽しめるのが嬉しいところ。

そんなガーデンウエディングは、アットホームな雰囲気だからこそ、硬すぎないカジュアルな服装が良いのでは?と考えがち。

でも…、実はカジュアルスタイルはNGなんです。

ガーデンウエディングといえど、婚姻の儀式である結婚式。
新郎新婦から服装の指定がない限り、フォーマルなスタイルで出席しましょう。

アットホームなガーデンウエディングでも、きちんと感を忘れずに!

  • ラフなジャケットやスカート
  • カジュアルなパンツスタイル
  • 歩きやすいぺたんこ靴

OKかな?と思いがちなカジュアルスタイルはNGです。

ジャケットはきちんと感のある素材、シルエットのフォーマルなものを。
ガーデンウエディングでも、「ドレス+羽織もの」が基本のお呼ばれスタイルです。
パンツスタイルで出席する場合も、カジュアルパンツは×。
フォーマルなパンツを選んでください。

お外でのパーティーということで、動きやすさを求めがちですが、ぺたんこ靴はNGです。

新郎新婦の門出を祝うのにふさわしい、フォーマルで華やかさのある服装を目指しましょう!

2.ガーデンウエディングのお呼ばれドレスは、季節に合わせて選ぶ!

ガーデンウエディングでも、カジュアルスタイルはNG。
では、どんな服装が良いのでしょう…。

過度な露出、ファーはNG、白黒コーデは避けるなど、基本的なお呼ばれマナーはもちろん大切。
ただ、室内の式よりも、季節感を感じながらパーティーを楽しめるガーデンウエディング。
せっかくの自然を楽しめる環境です。

服装にも季節感を取り入れて、場の雰囲気を引き立てちゃおう!

ガーデンウエディングにぴったりのお呼ばれドレスを選ぶコツは、季節感。

  • 季節に合う色味をチョイス!
  • 素材感にも注目!春、初夏は軽やかに、秋はしっとり素材を
  • どの季節も日焼けに注意

ドレスを選ぶときは、色、素材をチェック。
パーティーの時季に合うドレスで、華やかに。

また、引き立てることに集中しすぎず、自分自身の肌にも気をつかいましょう。
太陽の下での式は、日焼けも招いちゃう。
羽織ものや長め袖でこっそり肌を守ることも、ガーデンウエディングならではのポイントです。

3つのポイントを押さえて、季節を楽しむお呼ばれコーデを完成させよう!

3.春から初夏のお呼ばれドレス

春の柔らかい風、初夏のカラッとした空気。
そして、青く広がる空が美しいこの季節。
さっぱりした気候の中行うガーデンウエディングには、爽やかな色味がオススメ!

▪️青空に映える水色カラードレス

明るい水色ドレスは、さっぱりとした春、初夏にはぴったりのカラー。
青空と鮮やかな木々との相性は抜群。
甘すぎない華やかさが、会場の爽やかさをぐっと引き立たせます。
ポイントとして花柄が入っていると、季節感もよりアップ。
明るめカラーのバッグ、パンプスを合わせて可憐にまとめて。

▪️軽やか素材+ヌーディーカラー

大人っぽいヌーディーカラーは、どの年代の人でも取り入れやすいのが魅力。
透け感のあるオーガンジー素材やレース素材を組み合わせることで、軽やかさが出ます。
落ち着きを求めながらも、春から初夏の軽さを演出できるのでオシャレな大人世代にオススメ。

▪️場が華やぐライトグリーンドレス

室内のパーティーでは、ちょっと目立ちすぎ…!?なんて心配になるほどの明るさがあるライトグリーンドレス。
賑やかなガーデンでのウエディングなら、馴染みやすく華やかさも出るので印象ばっちり!
普段はなかなか挑戦できないからこそ、開放的なガーデンウエディングで着用したい色味です。
華やかカラーは、純白のウエディングドレスに色を添える、結婚式には相性の良いカラー。
春ならベージュストールで柔らかく、夏はネイビーの羽織で涼し気コーデを目指して。

4.秋のお呼ばれドレス

生き生きとした緑が鮮やかな赤色へと変化する秋。
穏やかな空気が漂う秋は、なんだか優しいな気持ちになっちゃう。
そんな秋は、紅葉に合うこっくりカラーとしっとり素材がポイント。

▪️秋といえば!こっくりとしたワインレッドドレス

秋の色といえば、ワインレッド!
深みのあるこっくりカラーは、紅葉にも穏やかな空気にもぴったり。
季節柄暗い色を選びがちですが、開放的なガーデンウエディングには華やかさも大事!
フォーマルさと華やかさを併せ持つワインレッドは秋のお呼ばれドレスに最適です。
こっくりカラーのドレスは、透け感のない羽織ものを選ぶと季節感が統一できて◎。

▪️ツヤのあるシャンタン素材

少しずつ冬へと移りゆく秋は、ツヤのあるしっとりとした素材がお勧め。
深く色づく秋の景色に、とろんと馴染みます。
しっとりとした厚みのある素材なら明るめの色味も季節との違和感なく着ることができます。
柔らかい印象も取り入れたいガーデンウエディングにはシフォン生地+シャンタン素材といった、ふんわり+しっとりのMIXデザインもぴったり。
秋のお呼ばれは、お上品な落ち着きのあるドレスでしっとりとまとめましょう。

5.ガーデンウエディングに招待されたらレンタルが賢い

季節感を楽しめるガーデンウエディングに招待されたら…。
自然溢れるパーティーの雰囲気を引き立たせる、季節に合うお呼ばれドレスがオススメ。

室内とは一味違うガーデンウエディングは、服装でも季節を楽しもう!

…とはいえ、お呼ばれドレスを用意するにもお金はかかります。
ガーデンウエディングの季節に合わせて用意するのは、お財布に痛いのが本音。

お呼ばれの時季に合うドレスが良いけど、あまりお金はかけられない。
困っちゃう…。

そんなときに、レンタルお呼ばれドレスが便利です。
購入するよりもお値段を抑えて、豊富なカラー、素材感からドレスを選べちゃう。
安く気軽に、季節感を楽しむお呼ばれコーディネートが手に入ります。

季節を存分に感じられるガーデンウエディングに招待されたら、レンタルが賢い。
印象ばっちりなお呼ばれドレスで、新郎新婦を祝福しよう!

6.ガーデンウエディングは季節に合うフォーマルドレスを

  • ガーデンウエディングでもカジュアルスタイルはNG
  • お呼ばれドレス選びのコツは季節感
  • 春から初夏のウエディングには、爽やかカラー
  • 秋のお呼ばれには、こっくりカラーとしっとり素材
  • 季節に合わせて選ぶなら、レンタルお呼ばれドレスが賢い

自然の中で祝福するガーデンウエディングでの服装をご紹介しました。

ワイワイ楽しめるガーデンウエディングでも、カジュアルスタイルはNG。
フォーマルなお呼ばれドレスで参加しましょう。

せっかく青空の下行うパーティー。
季節に合わせたドレスで、会場の雰囲気を引き立たせよう!
ドレスのカラーと素材感がチェックポイントです。

お呼ばれの季節によってドレスを選びたいガーデンウエディングには、レンタルお呼ばれドレスが便利。
パーティーの時季ならではのお呼ばれドレスで華やかさを演出しましょう。

開放的で爽やかなガーデンウエディング。
室内とは一味違うパーティーは、季節を感じるドレスで楽しもう!

ドレスコーディネートの参考書

2018年10月発売の、コーディネートの基本を一冊にまとめた本。ドレス定番の5つの色を中心に、ドレスと羽織、バッグ等の組み合わせを豊富な写真で分かりやすく解説。

また年齢ごとのおすすめコーデも紹介。ネットの情報を見ただけではよくわからない方には、本がおすすめ。初心者の方にぜひ読んでほしい、コーディネート本です。税抜き500円。