12月・1月・2月の結婚式のお呼ばれの服装は?冬らしいワンピース・パーティードレスをご紹介 - レンタルドレスのワンピの魔法

12月・1月・2月の秋の結婚式服装

冬の結婚式ドレス

冬の結婚式にお呼ばれしたとき、着ていく服装はどんなものがいいの?12月・1月・2月におすすめのパーティードレスや、冬らしいコーディネートをご紹介。気に入ったドレスはそのままレンタルもできます。

冬の人気1位!黒の可愛い系ドレス

結婚式お呼ばれの服装で、「黒ドレス」は特に冬によく着られます。春はパステル系、夏は涼しげなブルー系、秋はダークオレンジなどのこっくりカラー、と来て、冬は「色はもういいや…、黒がいい」と思う人が多いよう。

ただ、地味な黒、シンプルな黒ではなく、柄の入った可愛い黒ドレスが人気。ドット柄や、小花のレース模様など、冬らしい可愛い黒を選びましょう。

可愛い系のドレスが苦手な方は、ベージュ×黒など、2トーンカラーのドレスを選ぶと大人っぽく、おしゃれ感もそこなわずおすすめです。

◆冬の黒ドレスのコーデポイント◆小物で勝負!

冬の結婚式は黒のドレスが人気ですが、濃い色ばかりをつかっていると全身が重たい(=暗い)コーディネートになりがち。

「重たい黒」ではなく「おしゃれな黒」に見えるには、小物に工夫するのがコツ。おすすめは「ヘアアクセ」と「バッグ」を明るい色でそろえるコーデ。

淡いピンクのバレッタと、淡いピンクのバッグを合わせてみたり、シルバーのヘアアクセと、シルバーのバッグを合わせて、黒ドレスを華やかに彩るのがコツです。

冬の人気2位!こっくりピンクのドレス×黒小物コーデ

続けて人気なのは、こっくりとしたピンクのドレスを、黒のボレロやバッグでおさえたコーディネート。

「冬は、ニットやファーで女の子らしく」という女性は、冬こそ甘く可愛いドレスを着たいよう。そんな方に人気の、こっくりとしたピンクドレスのコーディネートです。

◆冬のピンクドレスのコーデポイント◆「黒」をとりいれて!

ピンクは一年中着られる色。だからこそ、冬でもおかしくないドレス、冬に似合うコーディネートをしなければなりません

ここでは簡単に「NG」「OK」を解説します。

  • 冬の結婚式服装ピンクドレス【NG】さらりとした生地の、明るいピンクは冬らしくない。
  • 冬の結婚式服装ピンクドレス【OK】こっくりとした、ややベージュがかったピンクを選ぶと季節感に合う。
  • 冬の結婚式服装ピンクドレス【NG】ベージュボレロを合わせると、全体が淡くなって春らしくなってしまう。
  • 冬の結婚式服装ピンクドレス【OK】黒ボレロを合わせると、引き締まって冬らしいコーディネートになる。

冬の人気3位!ネイビードレス×黒ボレロ

冬の結婚式に限らず、一年中人気な色、ネイビー。冬は特に、黒のジャケットやボレロを合わせて、シックに着こなすコーディネートが人気です。

ネイビードレス一覧へ

黒の羽織り一覧へ

冬の人気4位!淡い寒色系ドレス×黒ボレロ

冬の結婚式はどうしても濃い色のドレスが人気で、他の参列者と同じようなコーディネートになりがちです。そんな「冬だけど、他の人と違う明るい色が着たい!」という方に人気なのが、寒色系(ブルーや緑など)の淡いドレス。

雪のような、静かで落ち着いた雰囲気がありながら、華やかさもある色。ただ、羽織りも明るい色を合わせると春っぽくなるので、羽織りは黒のジャケットやボレロを合わせること。

◆冬の羽織り選び1◆今年の流行はジャケットコーデ

冬の結婚式お呼ばれの羽織りで、少し前に流行したのはファー(毛皮)のボレロ。ただ今はあまり見かけることはなく、人気なのは「ジャケット」スタイル。

「せっかくの結婚式なのにジャケットなんて、なんか華やかじゃないな…」と思う人もいるかもしれませんが、今年はシンプルで“ちょっとかっこいい”コーディネートがトレンド。パーティーらしいコンパクトなジャケットにすると、今年らしさが出ます。

長袖のジャケットより、七分袖のジャケットの方が華やか。ボレロよりも風が通らないので、保温効果もあり、冬でも安心して着られます。

◆冬の羽織り選び2◆可愛い系なら、厚手のふわふわストール

冬らしい可愛いコーディネートがしたいな…という方におすすめなのは、厚手のストール。これは以前からの定番で、もこもこした質感のストールを前で結んだり、ホックで留めたりしてコーディネートします。

上半身にボリュームが出るので、全体がゆったりしたドレスには着ぶくれして見えるのでNG。上半身がコンパクトで、スカートがふんわりした「フィット&フレア」のドレスによく似合う。

◆おまけ◆冬はハイネックなドレスも着てみたい

この記事を書いている私は30代前半ですが、冬になり始めの頃は、首元がつまったハイネックのドレスを着てみたいな、と思います。ノースリーブ×ハイネックは、大人っぽくちょっとセクシーなので、この年齢に似合いやすい気がするのです。

ただ、首元がつまっている分、羽織りをジャケットにすると上半身が太って見えるので、合わせるとしたら薄手のストール。だから真冬では厳しく、冬になり始めた11月下旬から12月がベストな季節。

髪型は、ハイネックに似合うアップスタイルにして、白パールのヘアアクセを散らして、華やかにしたいです。冬の結婚式ならではの服装なので、気に入った方は試してくださいね。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。