6月・7月・8月の結婚式のお呼ばれにおすすめの、夏らしいワンピース・パーティードレスをご紹介 - レンタルドレスのワンピの魔法

6月・7月・8月の夏の結婚式パーティードレス

夏の結婚式ドレス

結婚式にお呼ばれしたときのパーティードレスは、季節にあわせて選ぶと間違いなし。6月・7月・8月におすすめの夏らしいパーティードレスや、暑さ対策、色の選び方をご紹介。

夏の人気1位!清涼感のあるブルーのドレス

夏の結婚式のお呼ばれは、着物やスーツなどの風を通さない服装だと、暑くてあっという間に汗をかいてしまいます。そんな夏に一番人気なのは、風通しのよいシフォン生地の、ブルーのドレス。

涼しげな青は、見た目もさわやか。それだけでなく、わきや首元などにこもりやすい熱を逃がす、夏にぴったりの青のドレスをご紹介します。

◆暑さ対策その1◆夏はさらりとしたドレス生地に

涼し気なブルー系のドレスは、色で選べるので簡単。ただ、涼しい「着心地」まで考えて選ぶのは、なかなか難しいものです。

そんなときは、生地に注目するのがコツです。つや感のあるサテン生地はパーティーらしくて素敵ですが、汗をかいた肌にはりつきがちなので、夏は避けた方がよいでしょう。

一方、ふわりとやわらかなシフォン生地は、汗も吸収しやすく風も通すため、夏におすすめの生地と言えます。

夏の人気2位!みずみずしい水色のドレス

続けて人気なのは、みずみずしく爽やかな、水色のドレス。6月・7月・8月は水辺での結婚式も多く、そんなときに水色のドレスを着て行くと雰囲気にぴったり合います。

ぱっと目を引くブルーよりも、少しやわらかで女性らしい色なのもポイント。生地のゆれ感がやわらかで、涼しげな印象のドレスを選びましょう。

◆暑さ対策その2◆レースストールを合わせる

結婚式では「肩」を露出するのはマナー上NGなので、袖のついていないドレスには通常、パーティーボレロかストールを合わせます。

夏はわき周りに熱がこもりやすくなりますが、透け感のあるストールだとそんな心配もありません。

黒だと見た目にも重くなってしまうので、シルバーやベージュのレースストールが、夏のドレスにもコーデしやすくおすすめです。

夏の人気3位!涼やかなシルバードレス

シルバー系のドレスは見ていて涼しげな印象を与えますが、他の参列者と服装がかぶりにくいため、夏の結婚式ではおすすめの色です。

黒やネイビーのドレスとちがって色が薄いため、光や暑さを吸収しづらく、見た目にも涼やか。大人の女性にも似合いやすいカラーです。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。