9月・10月・11月の結婚式のお呼ばれの服装は?秋らしいワンピース・パーティードレスをご紹介 - レンタルドレスのワンピの魔法

9月・10月・11月の秋の結婚式服装

秋の結婚式ドレス

秋の結婚式にお呼ばれしたとき、着ていく服装はどんなものがいいの?9月・10月・11月におすすめのパーティードレスや、秋らしいコーディネートをご紹介。気に入ったドレスはそのままレンタルもできます。

秋の人気1位!上品な王道ネイビードレス

結婚式の服装では定番ともいえる「ネイビー」ですが、秋のシーズンは特に人気。そのぶん結婚式で人とかぶりやすいのが欠点ですが、ネイビーは誰にでも似合いやすく、着やせ効果も。

ここでは「定番タイプ」のネイビードレスをご紹介。コーディネートは、シルバーの小物を合わせると夏っぽくなるのでNG。こっくりとしたベージュや、リッチなゴールド、引き締める黒、やわらかいピンク等の小物を合わせると、秋らしくなります。

◆秋のコーデポイント1◆結婚式に黒タイツはOK?

結婚式のお呼ばれではベージュのストッキングが定番ですが、秋も深まると足元が少し寒くなりますね。

黒タイツや無地の黒ストッキングは「お葬式」で使うものなので、結婚式ではNGとされますが、模様やラメの入ったパーティー用の黒ストッキングはOK。

ネイビーのドレスは黒ストッキングと似合いやすいので、スカート丈が短いドレスの場合は、コーディネートしてみると秋らしくなります。

秋の人気2位!この季節ならではの赤・パープルのドレス

続けて人気なのは、落ち着いた赤(ワインレッド)や、シックなパープル系のドレス。

全体的に落ち着いた色合いなので大人の女性でも着やすく、かつ華やかな雰囲気にもなるので、結婚式に映えます。ネイビーと違って一年中着られる色ではなく、まさに「秋ならでは」の色。着るだけで、季節感のある雰囲気になります。

◆秋のコーデポイント2◆ジャケットって結婚式で着ていいの?

ノースリーブのドレスを一枚で着るのは、結婚式ではNG。肩を隠すため、何か羽織らなければなりません。

最近人気なのは、七分袖のジャケット。秋でも寒くなく、結婚式らしいきちんと感も出せます。

一昔前のジャケットと違い、今年トレンドのジャケットはボタンにビジューがついていたり、襟にフリルがあったりとパーティーらしいデザインなので、安心。今っぽいコーディネートになります。

秋の人気3位!しっとりベロアのポイント使いドレス

秋の結婚式はドレスのカラーだけでなく、「素材」にも注目。秋冬といえば、しっとりとした質感の「ベロア」が人気。

ただ、ドレス全体がベロア生地だと見た目が重くなるので、ポイントでつかってあるドレスがおすすめ。トレンドなのは、スカートの花模様だけベロア素材のデザイン。女の子らしく甘いのが特徴で、かつ秋らしい雰囲気になります。

◆秋のコーデポイント3◆ファー素材の羽織りってOK?

秋冬の結婚式お呼ばれで、少し前に流行したファー(毛皮)の羽織りですが、今はその人気も落ち着いてきた様子。そもそも動物の殺生(せっしょう)を連想させるファーは、結婚式ではあまり好ましくありません。

ファーのような、ちょっとゴージャスで秋らしい雰囲気を出したいときは、ボリュームのあるストールがおすすめ。熱がこもるので暖かく、見た目もふんわりとしたフォルムで、ファーのようにゴージャスに見えます。

秋の人気4位!つややかな光沢が美しいサテン生地のドレス

つや感の美しいサテン地のドレスは、ベロアと同じく「素材」で秋らしさを感じさせます。

結婚式らしい華やかさもありつつ、大人っぽさもあるサテン生地。マスタードやベージュ、グリーン系のドレスを選ぶことで、より秋の結婚式にぴったりの雰囲気になります。

◆秋のコーデポイント4◆他に、秋らしくするコツは?

秋は一年のうち、春の次に、おしゃれをしたくなる季節のようです。メイクを秋らしく変えてみたり、髪を秋のカラーに染めてみたり…。

結婚式のお呼ばれで、もっと秋らしさを出すなら「小物」を工夫してみましょう。お手軽なのは、髪飾り。ゴールド系のシュシュやバレッタをして、小物づかいでも秋らしさを出してみると◎。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。