結婚式の受付を任されたら?失敗しないコツ、好印象の服装|結婚式場で受け付けをするときの服装マナー、気をつけるポイントを解説|レンタルドレスのワンピの魔法

結婚式の受付の結婚式のパーティードレス

結婚式の受付

結婚式にお呼ばれして、さらに受付を任されたとき「受付ってどんなことをやればいいの?」「受付の服装で気をつけることって?」等、気になることがいくつかありますよね。ここでは、結婚式の受付をするときの基本を解説していきます。

結婚式受付係の5つのお仕事

(1)次々と来るゲストに挨拶をする

(2)ゲストにお名前を記帳してもらう

(3)ゲストからご祝儀を預かる

(4)配布物(席次表やお車代)を渡す

(5)開宴までに待つ場所の案内をする(控室やお手洗いの場所)


結婚式の受付は大切な役割ですが、大変そうだな…と固くなる必要はありません。当日やらなければいけないことは、基本は上に書いてある5つです。

あとは、「○○家の代表としてゲストに最初に挨拶をする」という立場を意識しておきましょう。ですから例えば「おめでとうございます」と言われたら「ありがとうございます」とお礼を返すのが普通です。

結婚式受付係が注意する3つのポイント

(1)いただいたご祝儀を肌から離さない

(2)集めたご祝儀を受け渡す相手を確認しておく

(3)トイレ・待合スペース・喫煙室・クローク(荷物預かり)の場所を覚えておく


受付係が一番注意しなければならないのは「いただいたご祝儀の取り扱い」です。最近は結婚式場でのご祝儀泥棒もいるようなので、ご祝儀からは目を離さないようにしましょう。

また、受付が済むとゲストから「~はどこですか?」と質問されることがあるため、受付係は結婚式場内の配置を確認しておくことも大切です。結婚式の受け付けはたいてい各家2人ずつ選ばれるので、当日に簡単な役割分担をしておくと良いでしょう。

結婚式受付係の服装

最後は、結婚式受付係の服装です。男性は結婚式用のスーツなので特に注意する点はありませんが、女性はいくつか服装のポイントがあります。

また、配布物を渡すときなど、手元を見られることが多いため、上品なネイルをするとさらに良いでしょう。あとはゲストが来たらさわやかな笑顔で、目を見てきちんとお礼を言うようにしましょう。

結婚式受付係に人気のドレス

では、実際に結婚式受付係の服装で人気のドレスを見てみましょう。これらは、レンタルドレス店のワンピの魔法で実際に借りた方の声を参考にして、紹介しています。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。