結婚式二次会の服装の「平服」とは?【画像で分かる結婚式二次会の服装マナー】レンタルドレスのワンピの魔法

結婚式服装

結婚式二次会服装

結婚式二次会に出席するときの女性の服装について、画像付きで解説。周りの出席者から浮かずに、でも地味になりすぎない、そんなワンピースをご紹介します。

そもそも「平服」とは何のこと?

結婚式二次会に招待されると、「平服(へいふく)でお越しください」という文をよく見かけます。この「平服」とはどういう服装を指すのでしょうか。

辞書では「ふだん着」とありますが、もちろん本当にふだん着の服装で行ってはいけません。

ほとんどの場合は「礼服(れいふく)じゃなくていいですよ」という気づかいのために書かれている言葉なのです。

つまり女性の平服とは、フォーマルドレスほどかしこまっていないけれど、ある程度きちんとした服装のこと。

最近ではやはりワンピースが一番人気のようです。

結婚式二次会向けのワンピース

結婚式二次会の服装で一般的なのは「正装のフォーマルドレス」よりも、下記のような「キレイめのワンピース」です。

その場合も、露出の多い服装や、白いワンピースはマナーとして避けましょう。

結婚式二次会でチャレンジしたいワンピース

ここまでは、結婚式二次会での「定番」の服装をご紹介しました。

ただ、結婚式披露宴と比べると、二次会の服装のマナーはそこまで厳しくありません。ですので、結婚式への出席が続くと「二次会は、いつもとちがうワンピースを試してみたい」という人もいます。

そんな人のために、ここでは結婚式二次会でチャレンジしたい、個性的なワンピースをご紹介します。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。