結婚式の服装がよく分かるイラスト解説【初心者でも分かる結婚式お呼ばれの服装マナー】レンタルドレスのワンピの魔法

結婚式服装

結婚式の服装

結婚式に出席するときの女性の服装について、初心者でも分かるようにイラスト付きで解説。両家にとって大切な結婚式の場で失礼がないよう、マナーに沿った服装をしていきましょう。

結婚式の服装マナー1―何を着て行けばいいの?

結婚式の服装で最初に悩むのは、そもそも何を着て行ったらよいかということ。

ジーンズなどのカジュアルな服装がNGなのは言うまでもありませんが、派手なロングドレスやカクテルドレスも古臭い印象になるのでおすすめできません。

結婚式のマナーにあっていて、最近でもよく見る服装は次の3つです。

結婚式の服装マナー2―二つのタイプのワンピース

ここからは、結婚式で一番人気の服装「ワンピース」の着こなしについて解説します。まず、結婚式に着て行くワンピースには「普段のちょっとした場でも着られるキレイめワンピース」と「主に結婚式でしか使えないパーティードレス」の2つのタイプがあります。

結婚式の服装タイプ1―キレイめワンピース

まずは、結婚式のお呼ばれ以外でもちょっとしたシーンで使えそうな、「キレイめのワンピース」について。

「デート用に買ったちょっと高いワンピース」「食事会に着て行ったシンプルなワンピース」などがあてはまります。もしこれらを持っているならば結婚式に着て行ってもかまいません。

ただ、パーティードレスに比べてフォーマル度は下がり、他の出席者に比べるとやや地味な服装になります。

この服装が人気の理由は、「自分が持っているものでコーディネートしやすい」ことと「派手にならないので安心できる」ことです。

新しいアイテムを買い足したくない!という方や、結婚式であまり目立ちたくないな…という方、動きやすさを重視するお子様連れのママは、こういったワンピースを選んでいます。

ただ、どうしても華やかさに欠けるため、主流なのは次で紹介する「パーティードレス」です。

結婚式の服装タイプ2―結婚式用のパーティードレス

次は、結婚式のお呼ばれでしか着られない「パーティードレス」について。

百貨店のフォーマル売り場にある「ひざ丈」のドレスがこれにあてはまります(ロングドレスは花嫁のお色直しと重なるのでひかえましょう)。

大学生が謝恩会で着るために買ったドレスでもOKですが、ピアノやダンスの発表会で使うドレスはちょっとテイストが違うのでやめておきましょう。

この服装が人気の理由は、「華やかなデザインが多いため着ていて楽しい」うえに、「きちんとしたフォーマル感が出せる」ことです。

たしかに、普段でも使えるワンピースより、結婚式でしか着られないパーティードレスの方が、会場も華やかになって写真映えがしますね。

結婚式で見かけた“微妙”な服装

さて、ここでは服装マナーはちょっと休憩して、結婚式で見かけた“微妙”な服装を少しだけご紹介します。

ひとくちにパーティードレスと言っても、選ぶのに失敗するとこういったことになるので、注意しましょう。

結婚式用のパーティードレスの選び方

では実際に、結婚式のお呼ばれにどんな服装をしていくと良いのでしょうか。

ここからはよりイメージをわきやすくするため、写真をつかって説明していきます。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。