パーティードレスのブランドの特徴と、自分に合ったブランドの選び方をご紹介 - レンタルドレスのワンピの魔法

パーティードレスのブランド

ドレスブランド

パーティードレスがほしいとき、どこで買えばいいのか、どのブランドを買えばいいのか分からない人も多いはず。ここでは、パーティードレスで人気の5つのブランドの特徴と選び方を紹介します。

ドレスのブランドは大きく分けて2種類

まず、ドレスにはどんなブランドがあるのでしょうか。普段のファッションでは「キレイめ」や「モード系」など、デザインごとにだいたいのテイストが分かれていますね。

パーティードレスの場合、大きく分けて「フォーマルブランド」と「ファッションブランド」の2種類があります。

< フォーマルブランド >

フォーマルブランドは、主にパーティードレスやフォーマルアイテムだけを作っている専門メーカーのことで、名前はあまりなじみのないブランドが多いと思います(ブランド名は後述)。

特徴としては「いかにもドレスらしい」王道のデザインが多く、生地やディティールの作りもしっかりとしていて、全体的に品質が高いことです。価格帯はおよそ3万円~5万円で、百貨店の「フォーマル売り場」で手に入れることができます。

結婚式や謝恩会などきちんとした場にふさわしく、上品な雰囲気になれるのがメリット。トレンド感よりも、きちんと感を求めている人は「フォーマルブランド」を選びましょう。

< ファッションブランド >

ファッションブランドは、カーディガンやデニムなど、普段から着るアイテムを扱っているお店です。その中にフォーマルアイテムもいくつか置いている、というスタンスなので、聞いたことのあるブランドが多いと思います(ブランド名は後述)。

特徴としては「ドレスといってもファッション性を重視」しているトレンドデザインのものが多く、生地も肌になじみやすいので、パーティードレスを慣れていない人でも着やすいことです。価格帯はおよそ2万円~3万円で、百貨店の「それぞれのブランド売り場」で手に入れることができます。

こなれ感があっておしゃれに着こなせるので、結婚式のお呼ばれでは特に20代~30代の女性に人気です。

フォーマルブランドその1
◆She's(シーズ)◆

フォーマル専門ブランドの中でも、Aラインのスカートなどスタンダードで女性らしいデザインが多いブランドです。華やかな色や顔映えがきれいな色が多く、「落ち着いたシックなものより、女性らしい明るいパーティードレスが着たい」という方にはおすすめ。

また、丈が長めのドレスも扱っているので、身長が高い方でも着こなしやすいブランドです。

フォーマルブランドその2
◆Genet Vivien(ジュネビビアン)◆

フォーマル専門ブランドの中でも、広がりすぎないスカートや、短めのタイトスカートなどクールで大人っぽいデザインが多いブランドです。ディティールも個性的で凝ったものが多く「品質が高くて、でもみんなとちがうパーティードレスが着たい」という方にはおすすめ。

丈は比較的短めのものが多いので、小柄な方でも着やすいブランドです。

ミセスはどんなブランドを選んだらいいの?

50代からのミセスは、生地がしっかりとしていて丈が長めのフォーマルブランド「She's(シーズ)」がおすすめです。

ミセス向けのエレガントなデザインのものも多いため、きちんと感があって、きれいに着こなすことができます。

百貨店のフォーマル売り場でもよく見かけるブランドのため、のぞいてみるとよいでしょう。ただ、品質がよいと購入するのも高くつくので、レンタルもおすすめです。

ファッションブランドその1
◆組曲(くみきょく)◆

今度はファッションブランドのドレスをご紹介します。組曲は、上品なピンクやベージュなどフェミニンな色づかいのパーティードレスが多く、女性らしい雰囲気になります。

丈もあまり短くないので、フェミニンで品のあるドレスが着たい30代の方には、特におすすめのブランドです。

ファッションブランドその2
◆MARIE CLAIRE(マリクレール)◆

MARIE CLAIREの特徴は一言でいうと「パリっぽさ」。大人のおしゃれ感や、ちょっと粋なデザインを感じさせるドレスが多く、甘くならないファッションドレスを着たい方にはおすすめのブランドです。

10代、20代の女性よりは、アラサー世代の女性によく似合います。

ファッションブランドその3
◆ketty(ケティ)◆

kettyはとにかく、ゆったりとしたシルエットがポイント。あまり体を締め付けるデザインが好きではない人や、ふわりとカジュアルに着こなしたい人におすすめのブランドです。

生地感も他のブランドに比べるとカジュアルで、丈も短いので、10代や20代の女性に似合いやすいです。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。