50代ミセスのフォーマルドレス - 結婚式にお呼ばれしたときに着て行く、人気のフォーマルドレス・ワンピースをご紹介 - レンタルドレスのワンピの魔法

50代ミセスに人気のフォーマルドレス

50代向けドレス

50代ミセスのフォーマルドレスは、20代~30代のときと違って「高級感」と「上品さ」がより求められます。ここでは、50代ミセスが結婚式にお呼ばれされたときの人気のフォーマルドレスと、失敗しないドレスの選び方を解説。気に入ったドレスはそのままレンタルもできるので便利です。

50代人気1位は「体のお肉をすっきり見せる黒」ドレス

「50代になって、背中やおしり、お腹まわりのお肉が気になる」「ピンクや青など、色のついたカラードレスが50代の顔に似合うか心配…。」など、久しぶりの結婚式お呼ばれで悩みの多い50代ミセス。

そんな気持ちを反映してか、ワンピの魔法では「黒のフォーマルドレス」が50代ミセスに一番人気です。

ひきしめ効果があって体を細く見せてくれる黒、そしてどんな女性の顔にも美しく映える黒は、たしかに永遠の定番。また、ご親族様としての出席でも「黒ドレス」は間違いのない色。フォーマルドレス選びに迷ったら、まずは黒がおすすめです。

ここではまず、50代でもおしゃれを楽しみたい人のための「オバサンっぽく見えない」黒ドレスをご紹介します。

「もう少し無難な黒ドレスがいいな…」という方は

「体型に自信がないし、ゆったりした楽な着心地の黒がいいな…」「とにかく無難でシンプルなフォーマルドレスがいい」という方には、袖がついた黒のドレスがおすすめ。ただ、真っ黒だと結婚式ではマナーとしてあまり良くないので、コサージュや羽織り、バッグで、お祝いごとらしい華やかな印象にするのが大切です。

50代人気2位は「これ1枚で大丈夫」ゆったり袖付きフォーマルドレス

結婚式のお呼ばれでは、肩の肌を出すことはマナー上NG。よってフォーマルドレスを着るときは、ボレロやジャケットなどフォーマルな羽織りを合わせることが多いですが、ドレスとのコーディネートは意外と難しく、大変です。

「結婚式のマナーとして問題なく、二の腕もカバーできて、コーディネートがいらないフォーマルドレスを着たい」という50代ミセスに人気なのは、羽織りがいらず、1枚で着られる袖付きドレス。

長時間着ていても疲れにくく、食事後のお腹のラインも気にせずにすみ、ゆったりした楽な着心地のドレスが50代に人気です。

50代人気3位は「地模様(じもよう)」があるフォーマルドレス

50代ミセスがフォーマルドレスを着るとき、つるっとした生地感よりも、何かしらの模様や、質感のある生地のほうが肌から浮かず、なじみやすくて安心です。

よくあるのは、織り目が全体に入った「シャンタン」生地や、細かく編み込まれた「レース」生地。生地に凹凸があるので肌になじみやすいのが特徴です。

また、刺繍が入ったデザインや、それにラメがあしらわれたデザインも華やかで人気。フォーマルドレスは「色」だけではなく「生地感」で選ぶのも、50代ミセスのポイントです。

華やかコーディネートを目指すなら、模様入りドレス+黒ボレロ

「生地に模様のあるドレス」は、派手に見えないかな…とちょっと心配になる方も多いよう。結婚式のマナーとして、最近は模様入りのドレスでもほとんど問題ありませんが、より上品に着こなすなら黒の長袖ボレロ(またはジャケット)を合わせるのがおすすめ。

50代らしい上品さと、結婚式らしい華やかさがあり、コーディネートも意外と簡単。他の参列者に「あら、素敵ね」とほめられることの多い組み合わせです。

50代人気4位は「細く見えたい!」美シルエットのフォーマルドレス

最後は、シルエット重視のフォーマルドレス。体のラインを細く美しく見せるシルエットは、それだけで5才くらい若く見えます。

全体的にくびれのあるラインを作り、かと言って下品な見え方ではなく、あくまで50代らしく上品なシルエットを叶えるドレスを紹介します。

ポイントはスカートで、きゅっとしぼったウエストから長めのスカートが揺れ、動くたび全身がきれいに見えるフォーマルドレスです。

ドレス選びのポイント

最近は安い値段のパーティードレスが売られていますが、生地がペラペラだったり、丈が短すぎたり色が派手だったり、まるでおもちゃのような飾りがついていたりするので、結婚式の場で着ると品がなくなって、周りの出席者の方から浮いてしまいます。

ワンピの魔法は、結婚式に着て行くパーティードレスを、これまで2万人以上のお客様にご利用いただいているお店です。商品もブランドドレスなので、しっかりした生地と、上品で可愛いデザインが特徴です。

またワンピの魔法は「通販」ではなく「レンタル」のお店。百貨店で買うと5万円くらいのドレス・ワンピースを、5,980円で借りられます。

実際に、買っても着る機会が少なく、クリーニング代などのコストもかさむパーティードレスは、購入するよりもレンタルがおすすめ。

服装マナーやコーディネート、サイズのことなど、気になることは小さなことでもかまいませんので、お電話でスタッフにお気軽にご相談くださいね。

結婚式の出席が初めてで不安な方、ご親族なのでマナーが気になる方、年齢に合わせたドレスを着たい方、季節にぴったりのドレスを着こなしたい方など、ドレスを選ぶときの不安が少しでもなくなってほしいな…という想いから、色々なテーマでドレス選びのコツを紹介していますので、もしよかったら参考にしてみて下さい。

まずは「結婚式の服装マナー」をチェック

ドレスを着る機会で一番多いのは、結婚式のお呼ばれのとき。失礼にあたらないよう、最低限の服装マナーを覚えてから参列しましょう。

ドレスを「色」から選ぶには

パーティードレスには様々な色があり、同じデザインでも色によってまったく雰囲気が違います。着てみたい色、自分に似合う色のドレスページを見て、着こなし方をチェックしましょう。

ドレスを「年齢」から選ぶには

老けて見られないためには?若作りに見えないためには?年齢に合わせたドレスの選び方を覚えましょう。

ドレスを「サイズ」から選ぶには

ドレスが入らないかもしれない…、という不安を解決。サイズの悩みがある方はこちらを参考に。

ドレスを「季節」から選ぶには

結婚式の季節にあわせて、着て行くドレスを選ぶのもおすすめ。秋らしい色のドレス、秋らしい素材のドレスなど、季節によって雰囲気を変えてみましょう。

ドレスを「ブランド」から選ぶには

ドレスはブランドごとに特徴がちがいます。自分に似合うブランドを見つけるために、それぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。